ウィルソン プロスタッフ 97 V13.0 <2020年モデル> レビュー:伝統の2本ライン復活!新技術採用で打球感がさらに進化

2020年モデル

13代目の原点進化!
1983年に初代プロスタッフが発売されて37年。
コアなファンが多いプロスタッフが、原点に戻りつつ、現代調のアレンジを加えて、華麗に進化しました。

特徴・機能

新技術!ブレイド45

プロスタッフと言えば、芯に当たった時の何とも言えない打球感が魅力ですよね。海外では、ポケッティング・フィーリングと言いますが、それを再現するために、新しいカーボンの編み方を開発しました。ブレイド45という新技術で、カーボンの編み方を従来より少し角度を強くしています。それにより、インパクトの瞬間にラケットが縦に伸びる様な感じになり、ボールを包み込む時間が長くなります。

②ストリングスパターンを変更

前作よりも上部の目が詰まる感じに変更しています。現代テニスでは、ラケットの真ん中よりも少し上でストロークを打つ人が多いので、それに合わせて、少し上部にスイートスポットを設定しています。

③デザインを変更

V1.0から採用されていた赤とオレンジの2本ラインが復活。プロスタッフと言えば、このデザイン、という方も多いのではないでしょうか。ロゴ部分とラケットヘッド内側に、そのラインが入っています。

スペック

プロスタッフ 97 V13.0

フェイス面積:97平方インチ
重量:315g
長さ:27インチ
フレーム厚:21.5mm
バランスポイント:310mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:2,3

プロスタッフ RF97 Autograph V13.0

フェイス面積:97平方インチ
重量:340g
長さ:27インチ
フレーム厚:21.5mm
バランスポイント:305mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:2,3

プロスタッフ 97L V13.0

フェイス面積:97平方インチ
重量:290g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0mm
バランスポイント:325mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

プロスタッフ 97UL V13.0

フェイス面積:97平方インチ
重量:270g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0mm
バランスポイント:325mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

口コミ・インプレ

・旧作と比べると、間違いなく今作の方が打ちやすい。打球感や振り抜きの良さが進化している。

・スライスを打った時にボールが乗る感じがある。

・ラケット重量があるので、どちらかと言えば男性向け。女性はLの方がおすすめ。


 
プロスタッフ V13.0 <2020年モデル>の紹介をしましたが、いかがでしたか?

プロスタッフの特徴は押さえつつ、現代テニスにフィットする様に改良されてますね。オールドファンのみならず、芯を食った爽快な打球感を味わいたい方は、是非試打してみて下さい。

楽天 ⇒ プロスタッフ V13.0 最新価格一覧
 
 
 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました