ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 <2020年モデル> レビュー:コントロール性能と柔らかいフィーリングが共存したラケット

2020年モデル

ネットプレーで優位性を発揮!3代目ウルトラが登場。
高い面安定性と打ち負けないパワーはオールラウンダーを魅了します。

特徴・機能

①New PWSを採用!

PWSというテクノロジーは、40年以上前から続くテクノロジーで歴代のプロスタッフに採用されてきました。フレームの3時・9時の部分に少し出っ張った部分があり、その部分に質量を持たせるというものです。それにより、スイートスポットを外した時のラケットブレを小さくしてきました。

今作からは、見た目上それを無くし、内部に搭載することで、スッキリした見た目になっています。PWSを無くすメリットとして、フレームの内側に溝を作ることが出来るようになります。それにより、横糸を3.5mm伸ばすことが出来、ストリングのたわむ量を増やすことが出来ます。

②New CRUSH ZONE

New PWSで横糸を伸ばしただけではなく、さらに、縦糸も長くしました!ラケットのヨーク部分(フレーム6時部分)に、CRUSH ZONEというパーツを3つ埋め込んでいますが、それを前作より拡張しています。インパクト時に、そのパーツが伸縮を繰り返すことで、さらなるたわみを生み出す事を可能にしています。

前作のウルトラは、102.7平方インチのラケットを使っているのと同じ効果がありましたが、今作では103平方インチ相当のたわみ量を発揮!数字上は3%の違いですが、フィーリングとして大きな違いとなって反映されています。

③フレーム形状とシャフトの見直し

コントロールとパワーは、形状の変更により生み出しています。前作のフレーム厚は、23-26-22mmでしたが、今作では24-26-23mmと厚く変更。フレームの断面で比較しても、前作より27%増しています。また、前作はシャフトの内側が少し出っ張っていましたが、今作では逆に凹ましています。(INVERTED POWER RIB)
さらに、ハイパフォーマンス カーボンファイバーの配合比も増やした結果、安定性能がアップしています。

スペック

ウルトラ 100 V3.0

フェイス面積:100平方インチ
重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2,3

ウルトラ 100S V3.0

フェイス面積:100平方インチ
重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ18×ヨコ16
グリップサイズ:1,2,3

Sラケット(Sラケ)とは?

通常ラケットのストリングパターンは、16×18や18×19など、縦糸より横糸の本数が多いですが、ウイルソンが研究した結果、縦糸>横糸にした方が、より回転をかけられるという結論を導き出しました。

縦糸>横糸のセッティングにする事で、「スナップバック」(ストリングがいったんズレて、その後に元に戻ること)が大きくなり、ボールに回転をより掛ける事が出来ます。スピンやスライスがかけやすくなることから、Sラケット(通称「Sラケ」)と呼ばれています。

ウルトラ 100L V3.0

フェイス面積:100平方インチ
重量:280g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

ウルトラ 100UL V3.0

フェイス面積:100平方インチ
重量:260g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:330mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

ウルトラ 108 V3.0

フェイス面積:108平方インチ
重量:270g
長さ:27.25インチ
フレーム厚:25.0〜27.5mm
バランスポイント:335mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ18
グリップサイズ:1,2

口コミ・インプレ

・球の乗り、柔らかさを非常に分かる。フレームがしっかりしており、ブレないからこそ、ストリングのたわみ、ウルトラらしさを感じる事が出来る。前作以上に分かりやすい。

・見た目は弾いて飛びそうだが、実際使ってみると、押して飛ばす感覚の方が良い。安定感と柔らかさを兼ね備えている。

・ガットのテンション以上の柔らかさを感じる。ただ、それはガットの緩さではなく、球持ちを感じる事が出来るというもの。振り切ってもスピンがしっかり掛かり、思っただけの力を加える事が出来る。


 
ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 <2020年モデル>の紹介をしましたが、いかがでしたか?

ストリングのたわみを最大化し、柔らかいフィーリングを実現するラケットという事で興味を惹かれますね。具体的には、ボールとラケットの接地時間を最大限長くする事で、柔らかさを実現しています。

どちらかと言うと、コンパクトなスイングで打っていきたい人が対象で、ネットプレーを含めたオールラウンダー向けのラケットと言えますね。

楽天 ⇒ ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020 最新価格一覧

その他モデルの最新価格はこちら↓

楽天 ⇒ ウィルソン ウルトラ V3.0 2020 最新価格一覧
 
 
 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました