EZONE Ai 98とEZONE Ai 100の違い


ANA IVANOVIC / NAPARAZZI

大人気のEZONE Ai 98とEZONE Ai 100を比較して、その違いを見てみましょう。

スペック

フェイス面積

EZONE Ai 98:98平方インチ
EZONE Ai 100:100平方インチ

ラケットウェイト

EZONE Ai 98:G(310g)・LG(285g)の2種類
EZONE Ai 100:G(300g)の1種類のみ

バランスポイント

EZONE Ai 98:Gが310mmでトップライト、LGが330mmでトップヘビー
EZONE Ai 100:320mmでイーブンバランス

フレーム厚

EZONE Ai 98:19~23mm
EZONE Ai 100:22~26mm

EZONE Ai 98の方がハードなセッティングになっており、ラケットのパワー自体はEZONE Ai 100に軍配が上がります。

そのため対象者が、EZONE Ai 98が自分から打ち込んでいける中級者・上級者向けになっているのに対して、EZONE Ai 100は初級者~上級者まで幅広く使用することが出来ます。

使用した感想・インプレ

購入者や実際に使用した人の口コミをまとめてみました。

EZONE Ai 98
球離れが良く、しなりで飛ばす感じです。

スピンは掛かるがナチュラルスピン系で、軌道が直線的なフラットドライブが打ちやすい。

コントロールが良く、ハードヒットしても面がブレません。

EZONE Ai 100
打球感が柔らかく、ホールド感があります。

スピンが非常に掛けやすく、フラットドライブからヘビースピンまで対応出来ます。

ボレーが特に打ちやすく、面を合わせるだけで、深いボールが飛んでいってくれます。