ヨネックス S-FiT Radia レビュー:ダブルスプレーヤー必見!クルム伊達公子使用モデル


Kimiko Date-Krumm / shinya

ヨネックスの人気ラケットS-FiT。
女性を中心に愛用者が多いですが、その最新モデル「S-FiT Radia(ラディア)」が2015年6月中旬発売です!

S-FiTと言えば、クルム伊達公子選手。

世界ランク4位まで昇りつめるも26歳で引退。そこで選手生活は終わったかに見えましたが、37歳にして現役復帰。世界に例を見ないその挑戦は、大きな注目を集めました。

ハードヒット中心の現代テニスの中で、クルム伊達選手のライジングは多くのプレーヤーを惑わせ、2013年のウィンブルドンでは何と3回戦進出。同大会史上最年長(42歳)の記録となりました。

現在は、ツアー大会予選からの出場が多くなっていますが、S-FiT Radiaを携えて活躍する姿を期待したい所ですね。

特徴・機能

 ナノメトリック採用でコントロール・パワーUP!

ナノメトリックとは、カーボン繊維を1本ずつコーティングした素材のことで、衝撃に対する強度が向上しています。フレームの6時方向に搭載することで、パワーをロスすること無くボールに伝え、面の安定性も高めています。ヨネックスの従来品と比較すると、ボールスピードが4%・ボールコントロールが30%アップというデータが出ています。

 クウェークシャットゲルによる衝撃吸収

家電製品のモーターの振動吸収や制震に使用される素材「クウェークシャットゲル」を、グリップ内部に採用。不快な振動を減衰し、快適な打球感を提供します。

 スイートスポットが拡大!アイソメトリック形状

ヨネックスと言えば、通常の円形ラケットとは違い、少し角張ったアイソメトリック形状が特徴。これはストリングの長さをタテ・ヨコ均一に近づけることで、スイートスポットを拡大するテクノロジー。通常の円形ラケットに比べて7%も広くなっています。

スペック

 S-FiT Radia(r)

フェイス面積:105平方インチ
重量:270g
長さ:27.25インチ
フレーム厚:26.0〜28.0mm
バランスポイント:335mm

対象プレーヤー

初級〜上級まで使用出来ますが、主に中級レベルの女性が対象になります。弾きが良く、軽量で操作性が良いので、展開の速いプレーをすることが出来ます。正確で伸びのあるボレーが打ちやすいので、ダブルス中心のプレーヤーは要チェックのラケットです。

楽天 ⇒ ヨネックス S-FiT Radia 最新価格一覧