ウィルソン STEAM 99 LS:軽い!驚異のスピン性能!


2013 0422 JPII tennis 46 / donovanshots

ウィルソンのラケットと言えば、スピンエフェクトを搭載したSTEAM(スチーム)Sシリーズが最近人気ですね。

スピン自体は、ボールをヒットした時に、ずれたガットが元に戻る(スナップバック)ことによって発生しますが、STEAM Sシリーズは、縦16×横15のストリングパターンを採用し、よりスナップバックが起こる様に設計されています。

最近は、フェイス面積が100平方インチ、ラケット重量が300g前後の黄金スペックのラケットが人気です。

それに合致するのがSTEAM99Sで、フェイス面積が99平方インチ、ラケット重量が304gと、初心者~中上級のプレーヤーに人気があります。

ただ、女性やジュニアにとっては、300gを超えるラケットはちょっとしんどい所。

そんな中、軽さとスピン性能を兼ね備えたウィルソン STEAM 99 LSが2013年12月に発売され、人気を博しています。

  STEAM 99 LS(r)

その軽さ、何と277g!

300gのラケットを練習や試合の最初から最後まで振り回すのは大変ですが、277gであれば女性やジュニアでも問題ありません。

それでいて、スピンエフェクトでしっかり回転を掛けることが出来ます。

扱いやすく打球感も柔らかいので、女性やジュニアには、最適な一本となるでしょう。
 
楽天 ⇒ ウィルソン STEAM 99 LS

Amazon ⇒ Wilson STEAM(スティーム) 99LS