ウィルソン BURN95 レビュー:さらなる高みを目指す錦織圭のNewラケット!


IMG_1966 / Marianne Bevis

今や日本のエースから、次代のNo. 1候補と目される錦織圭。

2014年は世界ランク5位でフィニッシュしましたが、年明けからはいよいよ頂点を目指す戦いが幕を開けます。

通常のプレーヤーであれば、この流れのまま2015年シーズンを、という所ですが、錦織選手は違いました。

何とこのタイミングでラケット変更!
STEAM95から「BURN(バーン)95」に変更するという衝撃の発表がありました。

  BURN95(r)

周りから見ると、危険にも見える決断ですが、今後ジョコビッチ・フェデラー・ナダルといった3強を倒していくには、攻撃力の強化が必須という事でしょう。

錦織の理想の攻めは、ツアーファイナル ラウンドロビンのフェレール戦の様な形。
最終セットで見せたライジングで捉えたスピードボールで、相手を左右に振り回すことが出来れば、まさに勝てない相手はいません。

ただし、これを常時行うには高い技術・集中力が必要で、当然スイングスピードも必要になります。
スイングスピードを上げるほど、リスクが高まりますが、ラケットの性能自体でスピードを上げれるのであれば、リスクを負うことなく、攻撃の展開を早くする事が出来ます。

そこで、このBURN95は錦織選手の要望に応えて、これまで以上にウィナーを取れる様、球速が上がる仕様になっています。

STEAM95の時は、スイートスポットを外してもしっかりしたボールを返せるようにという守備力向上を目指したものでしたが、いよいよ攻撃力強化へシフト。

錦織選手のプレーもさらに次元が上がってきたという事でしょう。

そんなウィルソン BURNシリーズの特徴は、以下の3点になります。

 STEAM95よりスピードアップを実現!

今回BURNの目玉であるスピードアップ実現のために、フレームの内側に新素材「ハイパフォーマンス カーボンファイバー」を採用。
フレームの変形と内側への捻れを抑えることで、打球感を変えることなくスピードアップを果たしています。

 「パラレルドリル」によるスイートスポットの拡大

STEAM95に採用されたパラレルドリルを、引き続き搭載。ラケット上部にスイートスポットが拡がり、守備時にやっと届いた球でもしっかりボールをコントロール出来ます。

 左右にフレームを拡大!スムーズなヒッティングが可能(BURN100・100S・100LSのみ)

スピンを掛ける際、ヒッティングポイントが左右にずれるため、BURN100・100S・100LSではフレームを横に拡大。スイートスポットが広がることで、パワーをロスすることなくヒット出来ます。

BURNシリーズ ラインナップ

BURN95

  BURN95(r)

フェイス面積:95平方インチ
重量:309g
長さ:27.25インチ
フレーム厚:22.0mm
バランスポイント:325mm
ストリングパターン:16×20

 
錦織圭使用モデルで、日本限定発売。
スペック的にはSTEAM95と同じですが、素材を変更することで球速をアップ。STEAM95の守備力を残したまま、攻撃力をアップしたラケットになっています。

BURN100

  BURN100(r)

フェイス面積:100平方インチ
重量:303g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜25.0mm
バランスポイント:330mm
ストリングパターン:16×19

 
黄金スペックで、バランスの取れたモデル。
安定したストロークを武器にするフラットドライブ系プレーヤーに。

BURN100S

  BURN100S(r)

フェイス面積:100平方インチ
重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜25.0mm
バランスポイント:330mm
ストリングパターン:18×16

 
BURN100のSモデル。
横糸を減らすことで縦糸の動き(スナップバック)を増し、スピンを掛けやすい設計になっています。

BURN100LS

  BURN100LS(r)

フェイス面積:100平方インチ
重量:280g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜25.0mm
バランスポイント:335mm
ストリングパターン:18×16

 
BURN100Sの軽量モデル。
スピンが掛かりやすく、操作性が高いので、女性やジュニアでも使用可。
 

2015年2月下旬発売ですが、各ショップで予約が開始されてます。

やはり錦織モデルのBURN95が一番人気の模様。
改めて人気の高さを伺わせますね。

楽天 ⇒ ウィルソン BURNシリーズ 最新価格一覧

Amazon ⇒ Wilson BURN 最新価格を見る