ウィルソン SIX.ONE(シックスワン) 95S:ボールの伸びと回転性能が融合したオールラウンドモデル!


Philipp Kohlschreiber / Carine06

2014年2月に発売されたウィルソン SIX.ONE(シックスワン) 95Sですが、安定した人気を誇っています。

SIX.ONE 95をドイツのフィリップ・コールシュライバーが使用しているせいか、競技者向けのイメージがあったのですが、なかなかどうしてバランスの良いラケットです。

主なスペックは以下の通りです。

フェイス面積:95平方インチ
ラケット重量:309g
フレーム厚:21.5mm
ストリングパターン:18X16

 
95平方インチのラケットはハードなイメージがありますが、SIX.ONE 95Sは打球感が柔らかく、それでいてボールはしっかり伸びてくれます。

STEAM95やSTEAM100に搭載されているパラレル・ドリルをSIX.ONE 95Sでも採用することで、スイートエリアの大きさは変えずに、打球感を良くすることに成功しています。

スピンエフェクトの効果で回転がよく掛かり、ラケットを振り切ってもコントロール良く、コートにしっかり収まってくれるのがうれしい所。

全般的にパワー・コントロール・スピンのバランスが取れたレベルの高いオールラウンドモデルに仕上がっています。

自分から打っていける中上級者以上のプレーヤーにオススメの1本ですね。
 
楽天 ⇒ ウィルソン SIX.ONE 95S 最新価格を見る