グラフィン ラジカルMPとラジカルプロの違い


Andy Murray, Olympics 2012 / Marianne Bevis

ヘッド グラフィンラジカルMPと、アンディ・マレーが使用するグラフィン ラジカルプロは見た目は同じですが、何が違うのでしょうか?

実はスペックもほぼ同じなんです。

フェイス面積

98平方インチ

フレーム厚

20.0〜23.0mm

ストリングパターン

16×19

バランス

315mm

違うのは、ラケット重量。
ラジカルMPが295g、ラジカルプロが310gになっています。

ラジカルプロは重量感があり、スピンがしっかり掛かった重いボールを打つことが出来ます。

ラジカルプロの方がラケット重量とフレームの硬さがあるため、パワーとコントロール性能が高いのが特徴です。

ただし、振られた時にスイートエリアを外すと全く飛ばないので、リカバリー出来るだけのパワーと技術が必要。

つまり、ラジカルプロは相応の技術とパワーを持った上級者でないと、使いこなすのは難しいです。

ラジカルMPは、ラジカルプロよりライトな設定なので、中級者以上が使用することが出来ます。

スピンやコントロールなどそのオールラウンドな性能は、折り紙付き。
シャープな打球感と振り抜きやすさも特徴ですね。