ヘッド グラフィンXT スピード MP Aの口コミ・使用感:ジョコビッチ使用のスピードシリーズに新ラケット登場!


Novak Djokovic / Kulitat

ツアーファイナルで優勝し、2014年度世界ランク1位でフィニッシュしたノバク・ジョコビッチ。
今季インドア負け無しで、31連勝を記録中と抜群の安定感を誇っています。

ジョコビッチ・フェデラー・ナダル・マレーの4強(BIG4)が長らくテニス界を支配してきましたが、ナダルがケガなどの影響で戦列を離れることが多くなり、マレーも腰の手術後トップフォームに戻るには至っていません。2014年シーズンのバブリンカの全豪優勝、チリッチの全米優勝にも現れているように、BIG4体制が徐々に崩壊してきています。

錦織やラオニッチ・ディミトロフといった若手も急速に力を付け、世代間闘争の様相を呈してきました。
ジョコビッチが王座を死守するのか、若手の奪還があるのか、2015年シーズンも目が離せないですね。

そんなジョコビッチの使用ラケットはヘッド グラフィン スピードプロですが、2014年11月17日以降、そのスピードシリーズに新ラケットが続々投入されています!

グラフィンXT スピードシリーズのスペック

■スピード・ミッドプラス・エー(SPEED MP A)
  グラフィン XT スピード MP A(r)

フェイス面積:100平方インチ
ラケット重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:22.0mm
バランス:320mm
ストリングパターン:「タテ16×ヨコ16」、「タテ16×ヨコ19」のどちらかを選択。

 

■スピード・ミッドプラス(SPEED MP)
  グラフィンXT スピードMP(r)

フェイス面積:100平方インチ
ラケット重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:22.0mm
バランス:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19

 

■スピード・レフプロ(SPEED REVPRO)
  グラフィンXT スピード REVPRO(r)

フェイス面積:98平方インチ
ラケット重量:265g
長さ:27.4インチ
フレーム厚:22.0~25.0mm
バランス:340mm
ストリングパターン:「タテ16×ヨコ16」、「タテ16×ヨコ19」のどちらかを選択。

 
※スピード・プロ(SPEED PRO)・スピード・エス(SPEED S)は2015年1月発売予定。
 

以上が新しいスピードシリーズですが、特に注目なのがストリングパターンを変更できる「グラフィンXT スピード MP A (GRAPHENEXT SPEED MP A)」。

MPと言うのはミッドプラスの意味で、100平方インチ前後のフェイス面積を指します。
また、ストリングパターンはサイドのグロメットを変更することで選択出来ます。

特徴

 グラフィンの強度をさらに高めた「GRAPHENEXT」を使用

グラフィンをシャフトに使用することで、ヘッドやグリップ部分にウェイトを再分配し、安定性とパワーを両立してきましたが、今回のGRAPHENEXTは、強度をさらに30%増し。
ウェイトの配分を促進すると共に、エネルギーの伝達を10%向上することで、パワーとスピードをさらに増しています。

 2種類のストリングパターンを選択できる

ASP(Adaptive String Pattern(アダプティブ ストリングパターン))が新しく採用されており、何と2種類のストリングパターンを選択することが出来ます。

1つ目が「タテ16×ヨコ16」のパターン。
スピンとパワーを求める場合のストリングパターンになります。

なぜ、ストリングの本数が減ると、スピンが掛かりやすく、パワーが出るのか?

実は、ラケットでボールをヒットした時にガットがずれ、それが戻る時にスピンが掛かるのです。
これをスナップバックといいますが、ストリングが少なくなるとその動きが大きくなり、スピンを掛けやすくなります。
ウィルソンが採用するスピンエフェクトも同じ理屈ですね。

また、ガットが少なくなるとたわみが大きくなり、その分パワーも生まれます。

2つ目が、「タテ16×ヨコ19」のパターン。
これは、コントロールを重視する場合のパターンになります。

ガットの本数が減るとスピン量やパワーは増えますが、その分ブレも生じて、細かいコントロールが付けづらくなります。
スナップバックは縦糸の動きにより発生するので、横糸を19本に増やすことでスナップバックを適度に抑え、コントロール性能を高めています。

グラフィンXT スピードMPとスピード MP Aの違い

最大の違いは、MP Aはストリングパターンを選択出来る所。MPのパターンは16×19になります。

MP Aも通常は16×19のパターンですが、フェイス中央のパターンがより細かくなっています。
また、MP Aの方がサイドフレームの剛性を上げており、それらがMPとの打球感の違いにつながっています。

口コミ・使用感

試打した人の感想やレビューがいくつか上がってきています。代表的なものをまとめてみました。

 
・相手のボールに打ち負けない。
・前作よりも打球時にパワーが伝わる。
・球離れが良く、打球感がクリア
・振り抜きが良く、スピードを乗せていきやすい
・しっかり振り切ってスピンを掛けられるラケット
・16×16にすると、同じポンド数でもスピンが掛けやすく、飛びが違う。
・16×19ではフラットドライブ系のボール、16×16ではスピン系のボールが打ちやすい。

1月12日以降には、グラフィンXT スピードプロも登場との事。年明け以降も要チェックですね。

楽天 ⇒ ヘッド グラフィンXT スピード MP A 最新価格一覧

Amazon ⇒ HEAD グラフィンXT スピード MP A 最新価格を見る