ヘッド グラフィン ラジカルプロ:アンディ・マレー使用のオールラウンドラケット


Andy Murray / Carine06

2013年11月に発売以来、好評を博しているヘッド グラフィン ラジカルプロ。

  radical pro(r)

前作ユーテック IG ラジカルプロからの乗り換えも結構あるみたいです。

グラフィン ラジカルプロと前作との違いですが、ラケットの幅が狭くなり、縦長になったという見た目以上に、グラフィン採用が大きく影響しています。

ユーテック IG ラジカルプロは、球の乗りが良かったのですが、グラフィン ラジカルプロは、弾きが良くなり、打感がシャープになっています。

フィーリングがかなり変わっていますが、素材も含めて性能が増して、新しいラケットに生まれ変わったという感じです。

グラフィンとは、鉄鋼の200倍の強度がある炭素原子で、超軽量で強度が極めて高いです。

このグラフィンを採用したことで、シャフトの強度維持のウェイトを、ラケットトップやグリップ部分に再配分する事が可能になり、ラケットの軽量化とパワーアップにつながっています。

弾きが良い割にスピンが掛けやすく、フラット系でそのまま弾き返すことも可能です。

フェイス面積は98平方インチながら、ラケット重量が310gと少し重く、フレーム厚も21.5〜23.0mmと若干薄目なので、パワーのある中級者以上向けのラケットになります。

男子テニス4強の一角、ボールの回転やコースを巧みに操るアンディ・マレーの様なオールラウンダーを目指す人に、オススメ出来るラケットです。
 
楽天 ⇒ ヘッド グラフィン ラジカルプロ

Amazon ⇒ Head グラフィン RADICAL(ラディカル) PRO