プロスタッフ95Sの評判と口コミ


IMG_7343 / Marianne Bevis

かつてその名を轟かせたラケットだけあって、発売当初から反響が大きく、その評判も上々です。

スペック的には、フェイス面積 95平方インチ、重量313g、フレーム厚18mmと決して簡単なラケットではないのですが、ケブラー素材の持つしなりとスピン・エフェクト・テクノロジーで、幅広いプレーヤーが使用出来るモデルに仕上がっています。

実際に試打した人の意見や口コミを見ていると、以下の様なものがありましたので、一部ですが紹介します。

「プロスタッフ95Sの評判と口コミ」の続きを読む…

プロスタッフ95S:歴代王者に愛されたモデルに新テクノロジー搭載


Dimitrov RG13 (14) / si.robi

プロスタッフと言えば、上級者が使うラケットで、コナーズやサンプラスが愛用していたイメージがあります。

そのプロスタッフのフィーリングを継承しながらも、ウィルソンの新テクノロジーを搭載して、対象者の幅を広げたのが、このプロスタッフ95Sです。

現在売り出し中の期待の若手、ブルガリアのグリゴール・ディミトロフもプロスタッフ95Sを使用しています。(ストリングは、18×17にカスタマイズ)

「プロスタッフ95S:歴代王者に愛されたモデルに新テクノロジー搭載」の続きを読む…