X-BLADE VX 305:薄型ボックス形状が織りなす絶妙のパワーとスピン!


Aoyama RG13 (2) / si.robi

ブリヂストン X-BLADEですが、発売前から注目を集めていましたね。
中でも、X-BLADE VX 305にはとりわけ熱い視線が注がれています。

  

その理由は、ボックス形状を継承していること。

ボックス形状とは、フレームの断面が四角になっているものを指し、その特徴として以下が挙げられます。

ラケットがよくしなり、正確に捉えると高いコントロール性能を発揮する。

食いつきが良く、独特の打球感を味わえる。

面の安定性が高い。

他にボックス形状を採用しているラケットとしては、スリクソンのXシリーズがありますね。
ちなみに、土居美咲選手はREVO X 2.0を使用しています。

X-BLADEと言えばボックス形状といっても過言ではなく、多くの人がその打球感に魅了されてきました。

今回フルモデルチェンジしたX-BLADE VXシリーズには、中厚ラウンド形状を採用したVX-R300やVX-R290も新たに登場したのですが、X-BLADE VX 305は、これまでのX-BLADEの系譜を引き継ぎ、さらなる進化を遂げています。

絶妙に融合したパワーとスピン性能を、ぜひ体感してみて下さい。

楽天 ⇒ ブリヂストン X-BLADE VX 305 最新価格一覧