バボラ ピュアドライブ チーム・ライト <2018年モデル> レビュー:大人気ラケットの軽量競技者向けモデル

ピュアドライブに、軽量競技モデルが追加!
ピュアドライブ チーム・ライトがいよいよ発売です。

ピュアドライブ2018との違い

ピュアドライブ チーム 2018

フェイスサイズ、長さ、バランス等のスペックはピュアドライブと同じ。重量だけが285gになっている。

ピュアドライブ ライト 2018

フェイスサイズ、長さはピュアドライブと同じだが、バランスが330mmと少しトップヘビーになっている。重量は270gで、シリーズ最軽量。

機能・特徴

「FSIパワー」と「コアテックス・システム」で、パワーと共にフィーリングも向上。詳しくは、こちらをご確認ください。

参考:バボラ ピュアドライブ <2018年モデル> レビュー:柔らかいフィーリングを追加!黄金スペックの頂点に君臨するオールラウンドモデル
 

スペック

ピュアドライブ チーム 2018

フェイス面積:100平方インチ
重量:285g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2,3

 
ピュアドライブの300gは厳しいが、スペックが同じで少し軽いモデルを使いたいという方に最適なモデル。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ チーム 2018を見る<楽天市場>
 

ピュアドライブ ライト 2018

フェイス面積:100平方インチ
重量:270g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:330mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

 
ピュアドライブよりも操作性が高く、扱いやすいラケットを求める方に最適なモデル。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ ライト 2018を見る<楽天市場>
 

ピュアドライブ 2018

 

フェイス面積:100平方インチ
重量:300g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2,3,4(4は受注生産)

 
元祖黄金スペックの最新モデル。全世界でアマチュアからプロまで使用する大人気ラケットです。プレースタイルも問わず、シングルスからダブルスまで幅広く対応しています。2017年8月発売。

⇒ ピュアドライブ 2018を見る<楽天市場>
 

ピュアドライブ プラス 2018

フェイス面積:100平方インチ
重量:300g
長さ:27.5インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2,3

 
基本スペックはそのままに、0.5インチプラスしたロングモデル。サーブやストロークのパワーアップを図りたいプレーヤー向けのラケットです。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ プラス 2018を見る<楽天市場>
 

ピュアドライブ ツアー 2018

 

フェイス面積:100平方インチ
重量:315g
長さ:27インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:315mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:2,3

 
シリーズ最重量の競技者向けモデル。315gあるので、相手の重いボールにも打ち負けず、しっかり打ち返す事が出来ます。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ ツアー 2018を見る<楽天市場>
 
以上がフェイス面積が100平方インチのモデルですが、オーバーサイズのモデルもあります。

ピュアドライブ 107 2018

フェイス面積:107平方インチ
重量:285g
長さ:27.2インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2,3

 
オーバーサイズに慣れ親しんでおり、100平方インチは小さく感じるプレーヤー向けモデル。操作性が高く、ダブルスにも適したラケットです。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ 107 2018を見る<楽天市場>
 

ピュアドライブ 110 2018

フェイス面積:110平方インチ
重量:255g
長さ:27.6インチ
フレーム厚:23.0〜26.0mm
バランスポイント:330mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19
グリップサイズ:1,2

 
シリーズ最軽量255gのモデル。トップスピンよりも、相手のパワーを利用してフラット系で攻めるプレーヤー向けのラケット。2017年12月発売。

⇒ ピュアドライブ 110 2018を見る<楽天市場>
 

口コミ・インプレ

・使ってみた感覚としては、ピュアドライブとチーム・ライトの違いをあまり感じない。むしろ軽い分コントロールがしやすい。
・軽いラケットはふかしてしまう事があるが、そういうのは無かった。
・軽いから初心者向けというわけではなく、しっかり振っていきたい競技志向の人も使えるラケット。

 

 
ピュアドライブ チーム・ライト <2018年モデル>の紹介をしましたが、いかがでしたか?

ピュアドライブを使いたいけど、300gは厳しいというジュニアや、昔は300g以上のラケットを使っていたけどそろそろ楽なラケットに、というシニアの方にも最適なモデルになっています。

重量が285g、270gと細かく設定されているので、ニーズに合わせて選択できるのがうれしいですね。

チーム・ライトではバランスも異なってきますので、試打しながら自分に合うモデルを見つけていきましょう。

楽天 ⇒ ピュアドライブ 2018 最新価格一覧

Amazon ⇒ ピュアドライブ 2018 最新価格を見る