バボラ ピュアアエロVS レビュー:待望のアエロストーム後継機種!契約選手のみに提供されていたラケット

名器アエロストームの後継機種が遂に発売!
2016年10月にいよいよお目見えです。

アエロストームは、アエロプロドライブと共に、元々もう1つのアエロとして存在していたモデル。

赤色を基調として、女子のトッププレーヤーだったサフィーナ選手やペトロワ選手が使用していました。

その後、アエロプロドライブに合わせて黄色に変更しましたが、その存在感が埋没・・

2010年モデルを最後に廃番となりましたが、2013年から選手専用モデルとして提供される様になりました。

そして、ツアーでの実績を重ねた選手専用モデルが、今回発売されるピュアアエロVSとなります。

ピュアアエロVSは、ATPランカーが多数使用しており、主なプレーヤーとして、トロイツキやヤノビッツ、ハリソンが挙げられます。

アメリカのジャック・ソックは、ピュアアエロVSの限定カラーモデルを使用してますね。

特徴・機能

①ボックスタイプでコントロール性能が高い!

ラケットのフレーム形状は、ラウンドタイプとボックスタイプに分かれます。

ラウンド形状は、フレーム断面が楕円状になっており、インパクト時にフレームがあまり動きません。その為、パワーロスが少なく、パワフルなボールを打てます。ピュアドライブやピュアアエロが、ラウンド形状の代表的なラケットです。

ボックスタイプは、フレーム断面が四角になっており、インパクト時にフレームが内側にしなります。その結果、ホールド感が高まり、しっかり狙った所にボールを運べる様になります。ピュアアエロVSは、ボックスタイプのラケットになっています。

②デザインが全く同じ

通常、ツアーモデルとノーマルモデルはデザインが違うのですが、ピュアアエロ VSツアーとピュアアエロVSはデザインが全く同じです。バボラとしても初めての試みとの事で、スロート内側のロゴ(商品名)だけが違っています。
 
その他の特徴・機能については、こちらをご参照ください。

参考:バボラ ピュアアエロVS US レビュー:あのアエロストームの後継機!ジャック・ソック使用モデル

スペック

ピュアアエロVS ツアー

フェイス面積:98平方インチ
重量:320g
長さ:27インチ
フレーム厚:21.0mm
バランスポイント:310mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ20

 
⇒ ピュアアエロVS ツアー 詳細を見る<楽天市場>
 

ピュアアエロVS

フェイス面積:98平方インチ
重量:295g
長さ:27インチ
フレーム厚:21.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ20

 
⇒ ピュアアエロVS 詳細を見る<楽天市場>
 

この他にも、ピュアアエロVSの限定カラーモデル「ピュアアエロVS US」もあります。星条旗をあしらったジャック・ソック使用モデルになりますので、気になる方はこちらからご確認ください。

参考:バボラ ピュアアエロVS US レビュー:あのアエロストームの後継機!ジャック・ソック使用モデル

口コミ・インプレ

・ボックスタイプは飛ばないイメージがあったが、適度に飛んでくれて、しっかりホールド感もある。
・スピンが掛かるか心配していたが、低い球も簡単に持ち上げる事が出来、ピュアアエロっぽさも感じる。
・ボックスタイプと中厚ラケットの中間ぐらいの飛びのイメージ。いい所取りの様なラケット。

 

 
ピュアアエロVSを紹介しましたが、いかがでしたか。

ボックス形状の良さと、弱点(飛ばない・スピンを掛けにくい)をうまく補っているラケットと言えますね。

世界ランク100位内のプレーヤー中、6名がピュアアエロVSを使っている事からも、このラケットの良さが分かります。

ボックス形状は好きだけど、もう少しパワーが欲しいなあと思っていた方には、オススメのラケットになりますので、是非1度試打してみて下さいね。

楽天 ⇒ ピュアアエロVS 最新価格一覧

Amazon ⇒ ピュアアエロVS 最新価格を見る

 
 
 

2016年9月29日 バボラ ピュアアエロVS レビュー:待望のアエロストーム後継機種!契約選手のみに提供されていたラケット はコメントを受け付けていません。 バボラ ピュアアエロ VS