バボラ 「ピュアストライク ウィンブルドン 2015」 レビュー:ライジングにフォーカス!数量限定の全英オープンモデル


Parmentier WMQ14 (2) / si.robi

あのラケットも遂に全英モデルに参戦!

人気ラケット ピュアストライクとウィンブルドンの芝をイメージした爽やかな緑が融合。
バボラ「ピュアストライク ウィンブルドン」が2015年4月28日に発売されます!

ピュアストライクは、ライジング中心のプレーヤー向けに開発されたラケットで、2013年12月の発売以来、人気を集めています。

ライジングとは、ベースラインの内側に入ってボールの上がり際を叩くショットのことで、相手に守備の時間を与えず素早い攻撃が可能になります。バボラはライジングを主体としたプレーヤーを「ファーストストライカー」と名付けています。

特徴・機能

 ハイブリッド・フレームの採用

ライジングを繰り出すためには、精度の高いコントロールと反発力が必要。ピュアストライクは、ボックスと楕円を組み合わせた「ハイブリッド・フレーム形状」にすることで、従来のボックス形状よりも、反発力・コントロール性能がアップしています。

 ウーファーが進化!レスポンス・ウーファー

植物油を原料としたハイテクプラスチック「ペパックス」をウーファーに使用しています。弾力性に富むこの素材の採用で、フレームとストリングが相互に作用するバボラ独自のウーファーシステムが進化。パワーとリカバリー性が向上しました!

 スイートスポットが拡大!エックス・サイダー

フェイス内側の3時と9時の部分に、溝が入った新形状を設置。これにより、スイートエリアが約10%拡大し、オフセンター時にも安定した返球を可能にしています。

スペック

  ピュアストライク ウィンブルドン(r)

フェイス面積:98平方インチ
重量:305g
長さ:27インチ
フレーム厚:21.0〜23.0mm
バランスポイント:320mm
ストリングパターン:タテ16×ヨコ19

 
「ピュアストライク ウィンブルドン」は、ピュアストライク16×19と同じスペックで、カラーリングが違うモデルになっています。

使用プロ

ピュアストライクですが、ジョー・ウィルフリード・ツォンガ選手が当初使用していたことで、話題になりました。

現在は、フランスのポリーヌ・パルモンティエ選手が使用していますね。大きな武器は無いものの、様々な回転を操り安定感の高いプレーを展開。ストローク主体ですが、ライジングから前に詰め、ボレーで仕留めるプレーも見られるなど、オールラウンドな技術を持ち合わせています。

ピュアストライク ウィンブルドンを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

現代テニスには欠かせない「ライジング」にフォーカスしたラケットなので、相手の力を利用して速い展開でプレーしたい人にとっては、最適なラケットです。

数量限定モデルなので、気になる方はお早めに。

楽天 ⇒ ピュアストライク ウィンブルドン2015 最新価格一覧